大学受験の英語の効率良い勉強法とは

大学受験における英語の勉強のコツをご紹介していきます。

まず初めに知っておいて欲しいのが、

勉強には何もせずに身に付くほど、甘いものではない、ということです。


英語が好きな人や、興味を持って時間を忘れるくらいに勉強をする人にとっては、

英語の勉強は楽して身に付くとか、意外と簡単だったという人もたくさんいます。

でも私達は受験のために英語の勉強をしていかなければいけないので

多少は辛くても勉強を続けていかなければいけないときがあります。


でも、できれば将来、英語を自由に扱えるようになるため、

自分の英語のスキルアップを目的と考えたり、

外国の人と自由に話せるようになったり、

外国の文献も自由に読めるようになるようになったり

と、自分が英語を勉強していくなかで、

できるだけその勉強が楽しくなるように想像力を膨らませるのは、とても大切なことです。


ですので、どうせ英語を勉強するならば、楽しく、興味を持って勉強していきましょう!

来年の自分が英語をすらすら読めるようになっているところをイメージしてもいいです。

この動機付けは長い受験勉強の中でとても大切になってくると思います。


さて、ここからです。

まず、勉強していく前に、自分が今たっている位置を知らなければいけません。

これは各予備校が行っている模試問題を受けてみるのが一番手っ取り早いのですが

そこで自分の苦手な分野や偏差値をまずは確かめて、受け入れます。

点数が安定しない人は文法や単語、熟語がしっかりしていないことが多いので、

その点に注意して勉強してみましょう。


また、英語は出来るだけ毎日勉強しましょう。

言語の習得ですので、毎日でもコツコツ繰り返すことが非常に大切になってきます。

特に勉強したばかりの、理解できた構文の文章などは

繰り返し、繰り返し音読、復習しましょう。

できるだけ口を使って勉強することです。

教材にCDがあるなら、必ず耳も使って勉強するようにしましょう。

耳と目と、口をフルに使って勉強すれば、習得するスピードは少しでも早くなってきます。


センター試験 英語 勉強法のトップページへ戻る

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。