リスニング・発音問題の勉強法について

センター試験のリスニングではなく、大学入試問題のリスニングになってくると、

その単語の多さ、文章の長さ、読まれるスピードの速さなどが格段に違ってきます。

それに対応するためには、普段から耳を使って英語の勉強をすすめるのはもちろん、

二次試験用のリスニング対策をする必要があります。


しかし、基本がままならないままでリスニングの本格的な対策に入っても

得られるものが少ないことがあるので注意が必要です。

まずは基礎力(高校文法の十分な理解・単語・熟語)が十分に備わっているのかを

確認してから進むようにしましょう。


普段の単語の学習や、構文の学習などでCDを併用するようにしましょう。

とにかく、耳で聞いてなれて、音読するクセをつけましょう。

自分の発音がおかしいとリスニングの問題でつまずいてしまうこともあります。

音読して、間違っている発音はその都度直していきましょう。


また、最初のリスニング用の対策としては講談社インターナショナルが出している

『英会話・ぜったい・音読』がいいです。

こちらは基礎力をつけている段階で徐々に取り入れていってもいいと思います。

また問題集の中にも、CDが付属しているものがあるなら積極的に活用してください。

           

リスニングの勉強をどのレベルまでやるのかは各大学によって変わってくると思います。

もし偏差値の高い大学を目指している方がいるなら

灘高校の木村先生がアルクで出しているリスニングの教材

『灘高キムタツの東大英語リスニング』はかなりお勧めです。

           

木村先生はセンター試験のリスニング関係の教材も出されていますので

こちらも参考にしてみてください。

とにかく、繰り返し繰り返しCDを聞きましょう。覚えるくらい聞き込みましょう。


センター試験 英語 勉強法のトップページへ戻る

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。