大学受験の為の塾や予備校について

大学受験において塾に通うことが今では当たり前のようになっています。

塾に通っているのといないのとでは、実は大きく変わってくることがあります。

特に、塾にも通わず、学校でも進学校ではなく、進路指導も

充実していないような学校で受験を迎える高校生と、

大手予備校に高校1年の頃から通っている高校生を比べるとこの差は大きく開いてきます。


まず、情報の量と正確さです。大手予備校などでは

長い運営実績があることからも分かるように、大学入試やセンター試験など、

受験に関する傾向と分析においてはかなりの力を入れています。


傾向を分析することで、塾生達に還元し、毎年多くの第1志望合格者を輩出しています。

また、有名な予備校で教科を担当している講師の先生方は、

正式に採用されている学校の先生と違って、契約期間などが決まっていることが多いので

毎日毎日、生徒達にどうやったら分かってもらえるのか、

分かりやすい授業にするためにはどう工夫すればいいのかを考えています。


ですので、予備校の先生方が塾生たちに向けるパワーというものはとても大きいものとなります。

学校の先生はそうじゃないのか?と問われますと、そうゆうわけではありません。

例え学校で教えている先生方でも、このような形で情熱と時間と労力をつぎ込んで

すばらしい授業を提供してくれる先生方も多くいます。


ただ、それが全ての学校でそうなのかというと、怪しいのもまた事実です。

都道府県立の学校か、私立の学校か、進学校や、そうでないのかだけでも

だいぶ先生達の対応が変わってくることもあるのです。

ですので、例え地元では進学校と言われている学校に通っていたとしても、

さらに塾にまで通う学生も多くいます。


塾では、志望校の過去問題の傾向から、細かな分析や過去の合格者の情報などを

ふんだんに提供してくれる塾もあるので、塾に通うことが

どれだけ受験生に有利にはたらくのかは言わずもがなです。

センター試験 英語 勉強法のトップページへ戻る
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|