大学受験の英語での時間配分の仕方

大学入試の英語問題では時間が足りないくらいの問題の量を

解いていかなければならないことがあります。

これも大学によりますので、自分の志望大学の英語はどのような構成で、

内容はどのようなもので、難易度はどれくらいで、

試験時間がどのくらいなのかまでは自分できちんと把握しておきましょう。


一般的には、長文読解問題のほうに多くの時間をとるように心がけましょう。

文法問題や、英作文問題、リスニング問題よりも長文を

解けることができるかどうかは英語力をみるうえで大きな指標の一つになります。

『長文を制するものは英語を制する』といわれることもあるくらいです。


英作文問題に多くの配点を取る大学もありますが、総合的な力は長文の中でこそ見ることができます。

ですので、長文問題は他の問題と比べて解きにくいことが多かったり、

時間がかかってしまうことが多いのです。


ですので、問題を解くイメージとしては、文法問題、リスニング問題、

英作文問題などはできる限り正確に早く終わらせて、長文問題にはじっくり望むといった感じです。

長文はまず、膨大な文字数の長文を正確に読み取り、設問に対して

ピンポイントで解答をしなければいけないところに難しさがあります。


ですので、いい加減に読んでいては、たとえ全て解答欄を埋めたとしても

思ったより点数は取れていないことが多いです。

センター試験では配点の多い問題に対して時間配分を多くとるイメージ

でした。しかし、大学入試ではあまり配点にはばらつきがないことが多いです。


それなのに、長文問題だけ内容は濃いので、やはりどうしても時間を

多くとるように心掛けなければいけません。

それはつまり、文法問題や英作文問題、空欄補充問題などを

いかに素早く正確に解けるか、ということも絡んでくるのです。


センター試験 英語 勉強法のトップページへ戻る

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。