長文問題を攻略するには

英語の長文問題を攻略していくのには何が大事なのでしょうか。

これは大学ごとの英語長文問題を研究していくことも重要です。

その分析が出来てくると、よく出る分野の英語長文問題を勉強したり

その大学の過去問題を何年分か解いて、まずは慣れる、ということが大事です。

もちろん。この段階では単語や熟語、文法や構文、解釈、読解の勉強は

一通り終わっているものとします。


長文問題には、英文和訳問題、英文要約問題、和文英訳問題、

空欄補充問題、正誤問題、発音問題、内容説明問題など、幅広い出題形式があります。

これは大学ごとに特色があるので、あらかじめ研究して対策をしておくようにします。

さて、一般的に長文を読んでいく時にはどのようなことに

注意しながら読んでいけばいいのでしょうか。

大学入試レベルの英語長文問題になってくると

センター試験のときのままの読み方では全く太刀打ちできないことがほとんどです。
(志望大学によりますが)


まずは、パラグラフごと、英語の文章の特徴を理解しながら読んでいくことが大切です。

大きな段落を読みながら、ある程度頭のなかでその段落の要約をします。

問題文の隅に書き出しておくのも有効な手です。

また、英語の文章では旧情報は前に、新情報は後ろに、といった大まかなルールもあります。

これは英語長文の問題種や参考書で勉強していくうちに覚えていくと思うので、

これを意識するだけでも、格段に文章がよみやすくなることもあります。


そうやって、文と段落と文全体の流れを頭の中に入れていきながら

設問で聞いているメインとなる部分、あまり関係のない部分、具体例など、

メリハリをつけて文章ごとに注目していきます。

分からない単語が出てきても、前の文章、あるいはひとつ後ろの文章に

その単語を言い換えて説明している文が出てくることもあります。

日本語訳はできるだけ文法に忠実に訳しながらも、

日本語的におかしくならないように気をつけましょう。

センター試験 英語 勉強法のトップページへ戻る
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|